コマンドからのLinux

odコマンド

オン Unixライク オペレーティングシステム、 から コマンドは、ファイルの内容を8進数およびその他の形式にダンプします。

私はどのような画面解像度を持っていますか

このページでは、GNUについて説明します/ Linux のバージョン から

説明

ザ・ から コマンドは、デフォルトで8進バイトを使用して、次の明確な表現を書き込みます。 ファイル 標準出力に。複数の場合 ファイル 指定されている、od 連結 リストされた順序でそれらを入力を形成します。なしで ファイル 、またはいつ ファイル ダッシュです( ' - ')、odはから読み取ります 標準入力

構文

od [  OPTION  ]... [  FILE  ]...
od [-abcdfilosx]... [  FILE  ] [[+]  OFFSET  [.][b]]
od --traditional [  OPTION  ]... [  FILE  ] [[+]  OFFSET  [.][b] [+][  LABEL  ][.][b]]

オプション

注意



へのすべての引数 - 長いです オプションは必須です -ショート オプション。

-に 基数--address-radix = 基数 ファイルオフセットの印刷方法を決定する
-j バイト--skip-bytes = バイト スキップ バイト 最初にバイトを入力
-N バイト--read-bytes = バイト ダンプをに制限する バイト 入力バイト
-S バイト-文字列 [ = バイト ] 少なくともの出力文字列 バイト グラフィック文字
-t タイプ--format = タイプ 1つまたは複数の出力形式を選択します
-v--output-duplicates 使ってはいけません * ライン抑制をマークする
-に [ バイト ]、 - 幅 [ = バイト ] 出力 バイト 出力行あたりのバイト数
-伝統的な 従来の形式で引数を受け入れる
- 助けて ヘルプを表示して終了します
- バージョン バージョン情報を表示して終了します

フォーマット仕様

-に と同じ -t a 、上位ビットを無視して、名前付き文字を選択します
-b と同じ -t o1 、8進数バイトを選択します
-c と同じ -t c 、 選択する ASCII 文字または円記号のエスケープ
-d と同じ -t u2 、符号なし10進数の2バイト単位を選択します
-f と同じ -t fF 、フロートを選択
-私 と同じ -t dI 、10進数のintを選択します
-l と同じ -t dL 、10進数のlongを選択します
-または と同じ -t o2 、8進数の2バイト単位を選択します
-s と同じ -t d2 、10進数の2バイト単位を選択します
-バツ と同じ -t x2 、16進数の2バイト単位を選択します

最初と2番目の呼び出し形式の両方が適用される場合、最後のオペランドが 'で始まると、2番目の形式が想定されます。 + 'または(2つのオペランドがある場合)数字。アン オフセット オペランドは -j オフセットラベル 印刷された最初のバイトの疑似アドレスであり、ダンプの進行中にインクリメントされます。にとって オフセット そして ラベル 、へ 0x または 0X プレフィックスは 16進数 ;接尾辞は「。」の場合があります。 8進数および b 512を掛けます。

タイプ これらの仕様の1つ以上で構成されています。

上位ビットを無視した名前付き文字
c ASCII 文字またはバックスラッシュエスケープ
d [ サイズ ] 符号付き10進数、 サイズ 整数あたりのバイト数
f [ サイズ ] 浮動小数点、 サイズ 整数あたりのバイト数
または [ サイズ ] 8進数、整数あたりのSIZEバイト
u [ サイズ ] 符号なし10進数、 サイズ 整数あたりのバイト数
バツ [ サイズ ] 16進数、 サイズ 整数あたりのバイト数

サイズ は数字です。にとって タイプd / または / u / バツサイズ かもしれません C sizeof(char)の場合、 S sizeof(short)の場合、 sizeof(int)または L sizeof(long)の場合。場合 タイプ です fサイズ かもしれません F sizeof(float)の場合、 D sizeof(double)または L sizeof(long double)の場合。

基数 です d 10進数の場合、 または 8進数の場合、 バツ 16進数または n 誰のためにも。 バイト プレフィックスが0xまたは0Xの16進数であり、乗数のサフィックスが付いている場合があります。 b 512、 kB 1000、 1024、 MB 1000 * 1000、 M 1024 * 1024、 GB 1000 * 1000 * 1000、 G 1024 * 1024 * 1024など TPISY 。追加する 任意のタイプの接尾辞は、各出力行の終わりに印刷可能な文字を表示します。オプション - ストリング 数字がない場合は3を意味します。オプション - 幅 数字がない場合は32を意味します。デフォルトでは、 から 使用 -A o -t oS -w16

od -b file.txt

file.txtの内容を8進形式(整数あたり1バイト)で表示します。

od -Ax -c file.txt

file.txtの内容をに表示します ASCII (文字)形式、バイトオフセットは次のように表示されます 16進数